ホーム
  • >ABメールマガジンバックナンバー

バックナンバー

~深圳市にて~

~ 深圳市にて ~

 

 

最近ビジネスの視察で中国の深圳市を訪れた。

 

深圳市は関西空港から約4時間ほどで時差は日本より1時間遅い。

 

フライト時間はさほど長くは感じず1冊の本が半分位は読める。

 

 

着陸時間が近くなり、ふと機内の窓から下を見下ろした時

 

驚いたのは深圳の超高層ビルの数の多さだ。

 

数日の深圳滞在で数々の驚きに遭遇した。

 

 

超高層ビルの高さや棟数は東京より深圳の方が多いように感じる。

 

深圳空港を降りたら、気温は28度であったがそれほど暑くは感じない。

 

 

深圳市は米国のシリコンバレーと言われ中国全土から

 

世界からビジネスの集結の地となっている。

 

ベンチャー企業にとっては聖地であり日々イノベーションが生みだされている都市である。

 

 

世界最大ハイテク企業のドロンメーカー(DJI)や通信機器メーカー(ファーウェイ)



 

インターネット企業(テンセント)など本社機能が集結している。

 

中でもテンセントの成長は群を抜いていて昨年度の時価総額は5000億ドルを突破し、

トヨタ自動車の2倍以上になっている。

 

この巨大企業はいずれも新圳で誕生している。

 

百度(アリババ)の本社は新圳ではないがビルがずば抜けて大きすぎることに圧倒された。

 

 

海外からの莫大な投資も背景にあり製造業が発展してる都市である。

 

近年は情報通信産業やサービス業、ハイテクが急速に発展し

 

深圳市はテクノロジー経済となっている。

 

 

中国社会科学院財経戦略研究院などがまとめた統計データーの

 

「中国都市競争力報告2016」では香港、上海、広州、北京をおさえて

 

総合経済競争力で第1位となっている。

 

 

1978年に鄧小平の改革開放路線を宣言し宝安県を深圳市に昇格させ

 

輸出特区、経済特区にしたことが全ての始まりです。

 

当時の人口はたったの3万人で今やなんと1400万人を超えている。

 

とにかく深圳市は桁外れの規模で拡大している。

 

 

深圳市は香港が隣接していて面積は東京と同じ位で

 

全人口の8割から9割は深圳以外の所から集まっている。

 

 

深圳では深圳にきたその日から深圳人だという。

 

もともとの地元ではなく外からきた人で作られた故の

 

都市だからである。

 

 

街で見かける人々の年齢層はとにかく若く深圳市の平均年齢は32歳で65歳以上にいたっては2%しかいない。

 

世界を見渡してもこの若い都市は例を見ないだろう。

 

 

深圳は工業系の大学や専門学校が数多く優秀な IT人材 を多く輩出し

 

深圳発のAI や IoT の製品を次々と世に送り出している。

 

こうした経済特区は教育の 整備・拡充 により若い人材がこの深圳の地に集結しているのである。

 

 

日本の安室奈美恵が昨年、唯一中国の深圳市でコンサートをしたという。

 

深圳の年齢層の若さと経済の急速な発展がビジネスの場として

 

深圳を中国の唯一、屈指の場とさせたのだろう。

 

 

深圳市にきたら現金はとにかく不便であり

 

中国全土では電子決済が普通となっている。

 

 

滞在中にスマホのアプリのWeChat で 支払が出来る「非接触型」を体験する。

 

全て現金以外の電子での決済手段である。

 

 

日本ではキャッシュレス決済の普及が遅れている。

 

システムの安全性の問題と、日本人特有の現金の信用性が高く

 

セキュリティーにおいてまだ日本人は現金決済になりがちである。

 

 

しかし、同行した現地の日本人佐々木氏にこの現状を話したら

 

じゃなぜ、中国にくるの?

 

そぼくな質問が出ました。

 

確かにその通りです。

 

 

デジタル化、IT や AI など日本では取り入れないと企業が遅れをとるか

 

ビジネスで立ち行かないからと言うが

 

中国では、取り入れない企業は潰してしまえと言われている。

 

IT を取り入れる概念が全く違っている。

 

まさに急速に動かす競争原理と市場原理です。

 

 

深圳市の道路事情は

 

町中の歩道に監視カメラが設置されており、犯罪者を特定するのに時間がかからないという。

 

確かに至るところで監視カメラがありった。

 

私は正直監視されるのは苦手である。

 

 

赤いタクシーはガソリン車で青いタクシーは EV (電気)自動車である。

 

ことにバスにいたっては、全車両がEV(電気)自動車である。

 

 

昨年の9月に深圳市で、バスをEV(電気)にする方針を打ち出してから

 

たった数か月足らずでバスの全車両が EV (電気)自動車に変わっている。

 

トヨタ、日産、ホンダなどの日本車も一定の割合で走っている。

 

 

中国に抱いていたイメージでは、さぞかし空気は悪いのかと思いきや

 

深圳では空気の悪さは感じられない。

 

実際、大気汚染においては中国の他の都市に比べれば比較的いいほうだとの事である。

 

 

 

無人コンビニ、無人ジム、シェア自転車、シェアカー、ケンタッキー顔認証注文、電子決済、

 

IT 、 AI 、 IOT 、新圳市で毎年開催される世界最大手のハイテクによる展示場

「CITE2018」 の視察

 

全てのテクノロジーがここに集結しているのを目の当たりに体感した。

 

 

この深圳の経済が急速に変わるスピードには驚きである。

 

日本では、法律や規制が変化の障壁となる事が多い。

 

深圳は変化していくスピードが圧倒的に早く、すでに日本の比ではなくなっている。

 

 

日本では、いまだ一部の地域で、外から来た人をよそ者扱いすることがあると感じる。

 

 

この事は経済が発展しない原因の一つではないかと思う。

 

 

中国にいたっては昨日までのビジネスモデルが今日いきなり変わる事があり

 

ゴキブリ的精神が必要で、ダイバーシティ(多様化)が必要であると

 

深圳に在住している日本人ビジネスマンが言っていたことが印象的だった。

 

 

深圳から学んだ事はこの経済発展の事実そのものである。

 

5年前日本の書店で、中国が崩壊するといった類の本が多く出版されていたが

 

崩壊どころかまったくその逆であり、ますますスピードを持ち

 

進化しハイテク都市へと変貌を遂げる過程が現実にある。

 

それが、良いのか、悪いのかではなく事実がそうである。

 

 

深圳のいくつかの明暗から

 

中国人のマナーは全般的に日本人より良くはない。

 

道案内を聞いても、適当に答える中国人もいた。

 

中国ではメンツとプライドのために「分からない」と言いたくない為に

 

適当に答える事もあるそうだ。

 

 

実際に苦い体験をした

 

道案内をお願いしたら適当なタクシー乗り場を案内されて

 

余計にタクシー代がかかってしまった。

 

 

また街の裏通りではゴミが散乱していて、高級デパートを除けば

 

全てのトイレはかなり汚く衛生面での不安があった。

 

30年前に歌舞伎町の街路を通った時にゴミが散乱していた時の光景を思い出す。

 

また道路を平気で横断する歩行者が多いことも驚いたが、しかし中国では普通の事である。

 

 

世界の2大勢力米国と中国の中で

 

米国は中国からのサイバー攻撃や軍事防衛上の観点から

 

中国への危機感をますます増幅させている。

 

さらに昨今では米国と中国の貿易摩擦も激化している。

 

 

どちらが勝つか、負けるかは正直分からない。

 

しかし中国は巨大人口大国であり、ハイテク大国になろうとしている現状を

 

日本は無視は出来ないし、中国と関係を持たずにビジネスを進める事自体が

 

出来ない事だけははっきりしている。

 

 

日本は事実を日本人特有の精神論によって変化させる事がある。

 

経済は感情で動く生き物であると同時に事実を直視して論理的に

 

組立て前進させていくものです。

 

 

その ”事実” を受け止める事が日本は必要であると思う。

 

新圳の急速な経済発展と明暗を見て

 

今の日本の現状とこれからの日本がどうあるべきかを

 

考えるきっかけにはなる。

 

 

急速な経済発展の向こうにあるもははたして何か。

 

ハイテクの向こうに幸福を掴む事ができるのか。

 

考えさせられる深圳滞在であった。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

~ 後記 ~

 

滞在先のホテルで日本語が出来る女性のコンシェルジュに

 

タクシーの運転手に多くお金をとられた事を伝えたら

 

”中国人に代わって謝ります” ”申し訳ありません” という丁寧な言葉をもらった。

 

 

外人に対して もしかして日本人よりも日本的 ?

 

心和むほっとした瞬間だった。

 

 

日本では働き改革を法律で決めようとする。

 

個人の働きを国で決めるべきではないと考える。

 

企業そのもの、個人そのものが、権利を尊重し決めるものだと思う。

 

深圳で、なぜか日本の働き改革の事が頭に浮かんだのは私だけだろうか。

 

 

~仏作って魂入れず~

 

目まぐるしく経済が変動する中で携帯が果たした役割は言うまでもありません。

 

特にスマホ時代からはビジネス上のやり取りが格段とスピードが増し

 

地域間、国境間の垣根が全く無くなりました。

 

 

しかし、残念ながら莫大な情報が氾濫してネット上で発信拡散される

 

フェイクニュースや個人、団体問わず攻撃する誹謗中傷などが増したのも事実です。

 

 

さて企業経営に於いて、デジタル化への急速な対応にスマホの位置づけは

 

当然ですが企業人はスマホを 「利用」 する側にあります。

 

但し、スマホを 「利用」 する側から 「利用」 される側になる逆転現象になっています。

 

 

といってもスマホの機能やアプリなど携帯の操作が使いこなせないのではありません。

 

 

 

むしろ、操作自体はスマホが出始めた頃とは全然違いほとんどの企業人は

 

多種多様に操作が出来ています。

 

 

 

しかし下記などはスマホによって取りだたされる障害の一例ですが

 

1.企業人同士の打合せがスマホに中断され会話や意識が散漫になる。

(音やバイブ機能が原因で)

 

2.リアルタイムなメールの送受信が基本になり本来の業務が遅くなる

 

3.スマホの不必要なアプリの広告等の閲覧削除に無駄な時間を費やしている

 

4.スマホそのものに触っていないと不安になる

 

など挙げれば切がありません。

 

 

大抵の企業人は上記でビジネスに支障をきたした事が経験上おありでしょう。

 

 

要するにスマホとうまく付き合っていない企業人が沢山いる事に気づかされます。

 

 

昨年、ある企業の経営者の方から高校生の子供のスマホを解約した話しを聞きました。

 

 

 

 

1日に5時間以上スマホに入り浸っていたそうです。

 

スマホの操作、音や、検索結果などさまざまな反応は

 

人間の脳に於いてドーパミンが放出され快感を得ることでクセになってしまうのです。

 

 

便利さゆえの依存症となる危険性です。

 

 

しかしスマホの解約後1カ月位で生活習慣が変わり

 

今までのスマホに費やしていた時間は本を読む習慣に変わり

 

劇的に生活態度がよき方向になったそうです。

 

 

スマホに囚われる時間は正しく考える思考が

 

育つ障害になっていたと思います。

 

 

ビジネスとて同じです。

 

デジタル化への進化によってもたらされる利便性を

 

正しく「利用」できず スマホに主体性を握られて

 

ビジネスの時間をロスし、正しく考える思考の障害となり

 

結果、企業人としての無限の可能性に影響を与えてしまいます。

 

 

正しく考える思考にスマホは必要かというと

 

正しく「利用」する事でこそ必要と言えます。

 

 

主体がスマホになって障害となっているならば

 

一旦手放す又は一旦距離置くことが必要です。

 

 

もともと人間本来の、見る、聞く、触る、味わう、香り を感じる

 

5感の機能がフルに使わられるからこそ

 

ビジネスで必要なコミニケーション能力やアイディア能力が向上するのです。

 

そして変革にもっとも必要なイノベーションはリアルさを体験することで生み出されるのです。

 

 

イノベーションにスマホは必要ですか?

 

正しく「利用」するのなら重要なツールにはなりえます。

 

とだけお伝えします。

 

 

**************************************************************************************************

 

 

どの企業でも改善は必要です。

 

但し、改善より、必要なのが、改善し続ける事ができる企業です。

 

この続ける改善がいかに重要かは成長意欲が最も高い企業人にはお分りだと思います。

 

 

 

 

私は仕事がらいろんな企業への携わりを通して注力し見ていることは

 

改善によって先月より今月がいくつよき方向になったかに焦点をあてています。

 

 

3つ決めた改善が1つ出来なかったとしても2つが出来ていたとしたら

 

私は  ”よし”  と見ています。

 

 

出来ていない1つに焦点を当ててしまうと出来ている2つの改善がぼやけてしまいます。

 

 

 

 

企業が成長する過程の変化は改善の数が増していくほど

 

成長の精度によき影響を与えていくのです。

 

 

企業が将来的に成長する事が出来る出来ないの大きな物差しは

 

過去の分析や固定観念にとらわれず

 

継続する改善の数をやり続けれる企業だと思っています。

 

 

経済は生き物です。

 

改善を効果的に素早く実行出来たとしても変化のスピードが速く

 

直ぐに実態にそぐわなくなってくる場合があります。

 

 

実体に合わなく失敗したら、また改善です。

 

改善を日々重ねていく事により

 

昨日よりも今日、先月よりも今月、昨年よりも今年

 

改善の効果は間違いなくよき方向へ前進させます。

 

そうやって企業は  ”よい” 会社となっていきます。

 

 

さて、今日の改善箇所は?

 

*************************************************************************

 

~仏造って魂入れず~

 

 

字のごとく、せっかくいいものを造っても

 

最も重要なところが抜け落ちていることのたとえです。

 

 

私は企業人によく魂が入ってますか?

 

と問いかけする事があります。

 

 

何の仕事でも魂の入ってない仕事は

 

ビジネスが途中で頓挫したり

 

ゴールまで行き着いたとしても完成度が低いものです。

 

 

魂の入ってない仕事は、大抵の場合は他の誰かに

 

代用されやすくなります。

 

 

2人が同じ仕事をし同じくゴールまで行き着いた場合でも

 

それぞれの仕事がそれぞれ魂を入れてた場合、

 

仕事は同じでもそれは其々その人だけのオンリーワンの仕事なのです。

 

 

仕事に価値を見いだしたかったら

 

仕事に魂を込めることは大切な心の在り方であり姿勢です。

 

それが企業人にとって大切な考え方の一つです。

 

~いい会社~ ABメールマガジン 3月号

何の為に企業は存在していますか?

と尋ねられたら


企業人はどう答えるでしょう。


社会貢献と一言でシンプルに答える方も

沢山いらっしゃるでしょう。


私は即答で経済を動かす為と答えています。


常に基礎体力をつけて経済変動に適応しながら事業を成長させる事は

企業が社会へ貢献するもともとの私の基本的な考え方になっています。


さて貢献する会社にするためには

どのようにすれば良いのでしょうか?

簡単な言葉ですが

 

いい会社” なる事です。

シンプル過ぎますね。

 

いい会社” といっても、さてどんな会社?

 

 

・・・・・・・・・・・・・。


1. 経営理念を実現させるための企業である。
2. 時代の変化に適応させ自社を常に変革させている企業である。

 

3. 人を尊重し、人を創り、人の能力を発揮させる、人を最優先にしている企業である。

この3つはどれもいい会社の条件で必要です。

 

長期的に永続している多くの企業は実行しています。

しかし、上記の条件3つが全て実現できていないからと言って

 

悪い企業かといったらそうでもありません。

 

 

経営理念を大切でないと言う人はいませんし
自社は時代に適応させなくていいと言う人もいません

 

ましてや、人を大切にしなくていいと言う人もいません。

何を言いたいかというとよい会社になるための

 

3つの条件を達成させていく事は簡単ではないという事です。

 

紆余曲折いろいろな事を解決しながら

 

企業は”いい会社”にする為に取り組んでいます。

 

 

しかし、全てを解決し達成するまでには時間がかかります。

 

そして、長きに渡って業績がよく人も大切にしていて

 

いい会社だ思われていた企業がたった一つの事で

 

逆(悪い会社)に言われる事は日常茶判事です。

 

いろんな企業を見てきた中でのことですが、例えば起業したての会社は

 

色々な制度や仕組みをゼロからスタートさせ徐々に制度を整えていきます。

 

経験値がない事から沢山の問題も発生し時にはトラブルも引き起こします。

さて、この企業は悪い会社でしょうか?

・・・・・・。


悪い会社ではありません。

問題がある事がそもそも悪い会社でもありません。

見えている問題と隠れている問題
問題の解決を直ぐに出来る問題と期間が必要な問題

 

問題があるのに問題と思ってない事がそもそもの問題であり

 

問題が分かっていても解決する動きをとらない事が問題であります。

 

問題の本質がずれている事が問題です。

 

謎かけをしている訳ではありません。

いい会社であっても問題はありますし
いい会社ほど問題が山済みと捉えているでしょう

 

 

私は問題に対して、真摯に捉え、誠実に解決の動きをとり
結果、問題を一つ一つ解決していく。

 

 

私は企業に於いていい会社とする4つ目の条件として挙げるのは
4. 問題の捉え方、問題を解決させる動きが正しい企業。が
  いい会社”  としての条件の4つ目としています。

「問題」について、どう捉えていくかを

 

正しく捉え、正しい動きに繋げ、結果 1つ 1つ を地道に

解決している企業は いい会社”です。

 

企業人としての人生は長くも短くもあります。

4つ目をどう前進させていくか。

 

 

いい会社”にしたいのなら

 

企業人としてやる事は決まっています。

 

たった今からでも4つ目の条件を実行していく事です。

 

 

そのための考え方を持つ事は

 

企業人としてとても大切な考え方の一つです。

~社長不在~

~社長不在~

 

日本の企業数386万社、事業所数562万社があります。

 

(平成28年 経済センサス活動調査 総務省・経済産業省)

 

 

年々減少傾向であるにせよ日本にはかなりの企業数と事業数があります。

 

その各々の全組織体には統括するリーダーがいます。

 

 

呼び名は代表、会長、社長、理事長、所長、様々ですが

ここでは、仮に一般的な呼び名で社長とします。

 

 

さて、その社長の会社が窮地に陥り危機的状況化になった場合に

だれがどのようにして、どうその危機を乗り切りるんでしょう?

 

 

当然、社長がリーダーシップをとり、危機的状況を回避するため

 

自ら具体的な行動をとらなくてはなりません。

 

 

こんな事、言われなくても当たり前過ぎてと

 

思われるでしょう。

 

 

しかし、企業の業績が急激に悪化し窮地に陥った時、責任を取らずに

 

誰かに丸投げする社長、逃げる社長を沢山見てきました。

 

長らく業績を低迷させている又は倒産に至った企業には共通点があります。

 

「社長不在」なのです。

 

いないの?

 

ではなく、リーダーショップがない

 

責任をとらない、取れない

 

いや結果取らなかったからです。

 

 

社長不在だと、どのような事が起るかは

 

言うまでもなく、烏合の衆と化します。

 

企業が組織が機能不全となります。

 

 

当然、企業として体をなさない状態となり

 

被害を被るのが顧客や関係企業

 

そして何より一番の被害者が社員です。

 

 

難しい局面に対して、解決の動きを諮らず

 

局面の当事者として捉えない評論家発言や

 

誰々の幹部や社員はダメだから、どうの、

 

他責発言をする事は、社長として経営者として失格です。

 

 

今の局面を起しているのは、社長のあなたそのものでしょ?と

 

解決するのは、社長のあなたそのものなのです。

 

 

私は社長が責任を取ろうとせず

 

逃げる実態を目の当たりにする度、

 

資質が見える度に社長に皮肉ともとれますが

 

社長がいないですねと・・・

 

つい伝えてしまいます。

 

 

私が好きである一人の経営者の言葉があります。

 

この会社で、たとえ自分一人になったとしても

 

責任を取り仕事をする覚悟です 」と。

 

 

現実は一人では出来ないかもしれません。

 

しかしその本気の覚悟を持って仕事をする企業人

 

誰かの為になる事を喜びとする企業人

 

全責任を取り行動する企業人が社長をする資格があるのです。

 

 

「先義後利」という言葉があります。

 

どちらかを優先させるかは、義が先で利が後という意味ですが、

 

個別では逆にしてしまい私自身大きなしっぺ返しをくらった事もあります。

 

 

しかし、究極な局面、難儀な経営の局面では

 

建設的な義」を徹底して優先させています。

 

 

企業経営の根幹にある「経営理念」は

 

何の為に、自分の会社が存在して何のために働いているか

 

誰かの為、「」そのものなのです。

 

 

誰かの為に仕事している以上逃げる事はできないのです。

 

 

」そのものの考え方を持ち行動する社長がいる企業が社長在籍 です。

 

 

その会社には社長はいますか?

 

在籍か、不在か、は

 

企業で責任あるリーダーはもう一度自分自身の行動を振り返り

 

企業原則の原点に立ち返り、厳しく襟を正し、

 

そして前進させていく、行動に移していく事が

 

大切な考え方の一つです。

新年明けましておめでとうございます。ABメールマガジン 1月号

新年明けましておめでとうございます。

 

本年もどうかよろしくお願い申しあげます。

 

 

2018年当社のキーワードは 3つ です。

 

~ 護る ・ 変革 ・ 成長  ~

 

 

前進するために護る。

 

前進するために変革。

 

前進するために成長。

 

*************************************************

 

仕事がら各企業様のご相談をうける事が多々あります。

 

昨年度も沢山のご相談を賜り、内容も単純なものから

 

複雑なものまで様々です。

 

 

すぐに解決に向かう事だといいのですが、

 

ほとんどの内容はそうもいきません。

 

 

昨今、産業構造はデジタル化により大きく変化しました。

 

生産性はかなりの割合で、AI (人工知能)にとってかわるのは

 

もう時間の問題です。

 

 

定例化できる作業の中で公認会計士や税理士などの

 

業務を AI に代替えさせると言われています。

 

だからこそ定例化出来ない相談に関して士業は本来の目的である

 

専門性をますます発揮させていく事が求めれてきます。

 

 

人間本来の能力である対話力や思考力などは

 

まだ、AI で全てを自動化させ委ねるには時間がかかります。

 

なぜなら、そこには人が持ち合わせている高度な感情があるからです。

 

 

AI が物事の本質を見極めるようになったら

 

人類はどうなってしまうのかと思います。

 

 

正解が直ぐに分かる人生や世の中であれば

 

面白くも何とありません。

 

 

仮に、正解がなかったとしても

 

人生は面白いものだという事を人が自ら学び、

 

経験してこそ物事の本質が見極めできるんだと思います。

 

 

その物事の本質を見極めれる人、理解できる人材を

 

未来に向かって創っていく、育成する事が、

 

これからの時代には最も必要なことだと思います。

 

 

20年後、30年後、 AI をどれだけ活用して企業の

 

生産性を高めていくか、逆にどれだけ人でなければならないかの領域を

 

創っていくか、その本質を見極めるのは人であってほしいし、

 

そうでなければ未来も楽しみではなくなります。

 

 

2018年も楽しい未来をつくる人

 

そんな企業人を社内、社外問わず

 

相談という仕事と共に携わっていきたいと思います。

 

*************************************************

 

私は 1番 という言葉が好きです。

 

なぜでしょう?

 

 

どの分野でも 1番 である事が市場から

 

退場を突きつけられないからです。

 

 

当社の事業は規模は小さいながらも

 

ミニコングロマリット(ミニ複合企業)です。

 

 

カテゴリー別にすると6つ位にはなりますが

 

どの分野でも 1番 ではありません。

 

見方よっては中途半端とも思われがちです。

 

 

しかし、ある一定のくくりの中(地域、企業間)で

 

ミニコングロマリットでの 1番 を目指し変化に適応していく。

 

 

徹底的に 1番 を目指す。

 

それが当社の方向性です。

 

*************************************************

 

~2018年~

 

ビジネスは出来る限り、仮説を用意し

 

出来る限り想定内に、出来る限り安定的に、

 

推移させる事が最も望ましいと言えます。

 

 

しかしビジネスの根本は不確実性です。

 

いくら先読みしても読みきれません。

 

全てのビジネスはアップダウンがあります。

 

 

ビジネスの局面でダウンが必ず訪れます。

 

しかし学びが多く物事から逃げずに向き合うことができる

 

企業人はダウンの局面をチャンスと捉えます。

 

 

結果は失敗、成功、様々ですが、

 

諦めなければ失敗でなく経験です。

 

 

失敗はつきものです。

 

同じ失敗をしない限り、とことん、失敗もよしです。

 

失敗、逆境の経験からこそ創造力が膨らみます。

 

 

難しい局面がきたら逃げてしまうウダツが上がらない残念な企業人。

 

難しい局面がきたら逃げずにチャンスと捉えてトライする果敢な企業人。

 

 

2018年、苦しくても、悩んでも、くじけそうな時でも、

 

ビジネスを大きく飛躍させ、掴みとりたければ

 

どちらを選ぶかは考え方一つです。

 

2 / 1212345...10...最後 »