ホーム
  • >インフォメーション

インフォメーション

Windows7サポート終了問題

平素は格別のご厚情賜り、厚く御礼申し上げます。

最近また問合せを多くいただいておりますWindows7のサポートですが、
2020年1月14日に終了してしまいます。
サポートが終了するとお使いのパソコンが以下の状態に陥る可能性が高まります。

 ・ウイルスやランサムウェアの被害を受けやすくなる
 ・障害が発生しても根本的な対処ができない
 ・最新のソフトウェアやハードウェアが対応しなくなる

ウイルスや外部からの不正アクセスなどパソコンに悪影響を及ぼすものは
インターネットを通じてOS(Windows)等の脆弱性を突いてくるのが多数あります。
脆弱性を放置してしまうと、悪意のある第三者が脆弱性を悪用して、
本来できないはずの操作を行ったり、見られてはいけない情報が漏洩するなどの
不具合が発生し、さらにマルウェアに感染したり、不正アクセスを許してしまう状態になることもあります。

OSで脆弱性が見つかった場合は適宜アップデート等の更新でそれを無くしていますが
サポートが終了してしまうとその更新が一切おこなわれず放置され続けてしまいます。

例えると、玄関の鍵や窓の鍵が壊れたまま家に住み続けている状態です。
これでは泥棒や空き巣に入られ放題です。

情報システムの脆弱性を狙う攻撃者は、常に攻撃対象となる欠陥を探しています。
脆弱性が一切存在しない情報システムをリリースすることは、現状ではほぼ不可能です。
そのため脆弱性の発覚と対策の連鎖は終わることはがありません。

セキュリティ対策は確かにコストとなりますが、
情報システムにおける付加価値として真摯に取り組むことで、
個人情報の漏洩や、ランサムウェアの攻撃などの大きな損害を予防するための活動につながります。
そのためにもまずはWinndows10への更新をおすすめいたします。

弊社ではパソコンの設置や移設、データ移行などを責任を持って行わせていただきますので
お客様の業務を止めることがございません。
その後の不具合が起きた場合や使い方のフォロー対応も真摯に承りますので、
ぜひ朝日ビジネスまでお気軽にご相談ください。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。